テスト勉強・暗記法

 
テスト勉強には「暗記」がつきものです。入学試験でも資格試験でも、基本的には知識が問われているのです。


もちろん、問題の主旨に合わせて的確に解答する練習なども必要でしょう。でも、解答を作るための知識が十分に無いようでは話になりません。


テスト・試験でも難易度が上がれば、当然、記憶しておくべき知識量は多くなります。大半の受験生は、知識を記憶することに悪戦苦闘しています。


しかし、少しばかりの時間をとって、暗記法・記憶法をきちんと習得してみようという受験生は意外なほど少ないようです。たいていは自己流か、友達から聞いた方法を試す程度で何とかしているようですね。


暗記法とか記憶術と呼ばれるテクニックは、脳の記憶の仕組みや、その性質を利用しています。「記憶」には面白い性質がいくつもあり、それらを最大限に利用すると、テスト勉強の暗記もずいぶん楽になるのです。


「急がば回れ」という言葉があります。テスト勉強は、暗記法を習得するところから始めてみてはいかがでしょうか。